<< 春の色/봄의 색 | main | デザインシックス(Design6)リング(Ring)/디자인6반지 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

파전(チヂミ)만들기!(作り♪)








2010. 4. 9.




こんにちはー
皆さん、今日は勝手にレシピを準備しました!
(このブログ、私の遊び場になっちゃいましたね!)




 写真まで載せるのはやはり恥ずかしくて、何度も止めた方がいいかな、と悩んでました。でも、こう見えてもお味は本場の味で(本当かな〜^^)、そこだけは自身持って紹介しようと思っています。どうか優しい目で見て下さいねー!






 私が作ったのは、"파전([パヂョン], ねぎのチヂミの意味)"です。普通のチヂミだったら、にらがメインですね。でもパヂョンは、名前のようにネギがメインになりますー。 韓国でこのパヂョンは、雨の日に食べたくなる料理、というイメージがちゃんとありますね。マッコリと似てるお酒で、若者に人気ある、ドンドンジュ(ドンドン酒)というお酒がありますが、それとセットという感じです(笑)。夜遅く、急に激しい雨が降り始めたりすると、なんとなくみんな"ああ、パヂョンとドンドンジュが食べたいな〜"と言いながら、友達を呼び出したりしますよね。^^






 作り方は簡単です。1)入れるお野菜としてねぎとにら、にんじん、タマネギ等を用意して千切りします、2)中力粉の小麦粉で練りを作ります(練りには、お水と塩、それに本の少しのしょうゆが入ります)、3)切って置いたお野菜を練りに入れて混ぜます(水気多くにしてください)、4)生のいかやカキ、えび等、お好きのシーフードを用意して、いかは食べ安いように切って入れます)、5)油を引いたフライパンが熱したら、練りを丸い形にして焼き始めます、6)その上には4番のシーフードを撒き散らすように載せます、7)最後に、解けた卵を注ぎます、後は、残りの一面をおいしそうな黄色になるまで、こんがりと焼けばそれで完成!

 
 あっ、そうですね、お召し上がりになられる時は、おしょうゆにビネガーを本当に本当に少し入れてから、そこに、こしょう・ゴマ塩等をかけて、付け醤油を作って食べればオッケです(韓国では、トウガラシの粉も少しかけます。そうすると、味も味ですが、色の合わせも良くなります)。




 でも!


 ここで一つ、問題があります。あのレシピ、なんか足りない感じありませんか?実はですね、残念ながら、分量のことが私には説明できないですー!本当にすみません…!すべてが"適度"になっております(!)。自分で作ってみんなで食べたのは事実でありますが、ただ分量だけは今でもよく分からないですー!ただ、'ええ、これぐらいかな'と思いながら少しずつ入れて作りました。*_ *;






 正直に言いますと、私、お料理とはなかなか遠い人間です。いや、"でした"。でも、日本に来てからは生きて行くためにでも、なんとか頑張ってる…ということです。(そのうち、うまくなるでしょう…。;ㅁ ;)

 


 でも、なんとかして作られたこのパヂョンについて、みんな"美味しい"と言ってくれました(みんな優しいでしょうね〜)。本当かどうか私には分かりませんが(笑)、"これが本場の味?"とかまでは言われなかったので、これで充分満足しています(笑)。何週間前に、トッポキを作って日本人の友達にご馳走してみましたが、みんなしきりに首をかしげながら、少しだけ食べてくれなかったつらい記憶があります…。(;_ ;) さっさと告白します、それもこのパヂョンと同じに、自分で作った'初'トッポキでしたね…。ー_ーa
 





 それと比べて今回は、評判が悪くなかったと思いますー。だって、うちの店長は別に美味しかったとは言ってくれませんでしたが、台所の奥で静かに、'ねぎとにらとにんじんと卵と、後いかか…'と材料を確認してる様子でしたよー!(私は見ちゃいました!훗)





 全然責任取れないレシピを紹介してしまいまして、本日は本当にすみませんでした…が、でも、レシピ自体は私が創作したんじゃありませんので、ご安心下さいませー!(笑) 多分、お好み焼きがうまく出来る方でしたら、このパヂョンも絶対にうまく作れると思いますね^^。今日は晴れでしたが、今度雨の日があれば、このパヂョンに挑戦してみるのはどうでしょうかー?(じゃなかったら、私の韓国料理を食べてみます〜?私はいつでも作りたいんですー!ただ次回も、練習とかせず、まだ一回もやったことない初料理に挑戦する予定です(笑)!!





 ここまでゼナでした。
 では皆さん、
 いい週末、お過ごし下さいー!












 

at 18:38, MODERNICA, Diary

-, -, - -

スポンサーサイト

at 18:38, スポンサードリンク, -

-, -, - -